[[活用情報:社会]]

活用情報

英語
国語
算数
・社会(閲覧中)
理科

小学校1年生 横断歩道を安全に渡るプログラミングをしよう

学習指導要領

目標・内容 横断歩道の渡り方を学習し、プログラミングで安全な渡り方を実践する

プログラミング的思考・プログラミング体験の関連

意図する一連の活動・動きの組み合わせ 横断歩道を安全に渡るために、渡る際の動作を組み合わせる
一つ一つの動きに対応した記号 横断歩道での動作を指定する「まえへすすむ」「てをあげる」
「ひだりみて」「みぎみて」「とまる」の記号
どのように記号を組合せ、
改善したら意図した活動に近づくのか
横断歩道での動作を示す記号を適切に組み合わせ、意図した活動に近づける

学年 ⼩学校1年⽣
教科等 社会
単元例 横断歩道を安全に渡るプログラミングをしよう
教育課程区分 A.学習指導要領で例⽰された教科単元等
教材タイプ ICT/ビジュアル⾔語
使⽤教材 Ai.R-Cord
AR(拡張現実)により、プログラムカードの指示に従いキャラクターが動くことで 横断歩道での判断が正しいのかを体験できる。
利⽤機器 Ai.R-Cord(オフライン)、パソコン・タブレット(背面にカメラが必要)

  • 活用情報/社会.txt
  • 最終更新: 2020/05/26 13:24
  • by air_cord_support_admin