[[活用情報:算数]]

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
次のリビジョン
前のリビジョン
活用情報:算数 [2019/10/16 16:32]
air_cord_support_admin [活用情報]
活用情報:算数 [2020/11/09 14:40] (現在)
air_cord_support_admin
ライン 25: ライン 25:
 </​html>​ </​html>​
 ====== 活用情報 ====== ====== 活用情報 ======
-''​教科一覧''​ +====教科一覧==== 
- ​[[活用情報:​英語]] +[[活用情報:​英語]]\\ 
- ​[[活用情報:​国語]] +[[活用情報:​国語]]\\ 
-算数(閲覧中) +算数(閲覧中)\\ 
- ​[[活用情報:​社会]] +[[活用情報:​社会]]\\ 
- ​[[活用情報:​理科]] +[[活用情報:​理科]]\\ 
-==== 算数 ==== +・[[活用情報:​その他]] 
-=== 小学校5年生 多角形をプログラミングしよう ​=== +===== 算数 ​===== 
-{{:​活用情報:​算数_多角形.png?​600|}}+=== 小学校5年生 多角形を描くプログラミング === 
 +{{:​活用情報:20201106:​算数_多角形.png?​600|}}
 == 学習指導要領 == == 学習指導要領 ==
 <​html>​ <​html>​
-<table class="​theme_table">​ +    ​<table class="​theme_table">​ 
-<​tr>​ +        <​tr>​ 
-<​th>​目標・内容</​th>​ +            <​th>​目標・内容</​th>​ 
-<​td>​多角形を描く際の角度(外角)について学習し、プログラミングで多角形を描画する</​td>​ +            <​td>​多角形を描く際の角度(外角)について学習し、プログラミングで多角形を描画する</​td>​ 
-</​tr>​ +        </​tr>​ 
-</​table>​+    </​table>​
 </​html>​ </​html>​
 == プログラミング的思考・プログラミング体験の関連 == == プログラミング的思考・プログラミング体験の関連 ==
 <​html>​ <​html>​
-<table class="​big_table">​ +    ​<table class="​big_table">​ 
-<​tr>​ +        <​tr>​ 
-<​th>​意図する一連の活動・動きの組み合わせ</​th>​ +            <​th>​意図する一連の活動・動きの組み合わせ</​th>​ 
-<​td>​多角形などの図形を描くため、進む・曲がる動きを何回繰り返すかを組み合わせる</​td>​ +            <​td>​多角形などの図形を描くため、進む・曲がる動きを何回繰り返すかを組み合わせる</​td>​ 
-</​tr>​ +        </​tr>​ 
-<​tr>​ +        <​tr>​ 
-<​th>​一つ一つの動きに対応した記号</​th>​ +            <​th>​一つ一つの動きに対応した記号</​th>​ 
-<​td>​ +            <​td>​ 
-線を描画する「ペンを下す」、進む距離を支持する「  ​ ㎝すすむ」、<​br>​ +                線を描画する「ペンを下す」、進む距離を支持する「  ​ ㎝すすむ」、<​br>​ 
-曲る時の角度を指定する「 度右へ曲がる」「 度左へ曲がる」、<​br>​ +                曲る時の角度を指定する「 度右へ曲がる」「 度左へ曲がる」、<​br>​ 
-繰り返しの指示をする「 回繰り返す「繰り返し終了」の記号 +                繰り返しの指示をする「 回繰り返す「繰り返し終了」の記号 
-</​td>​ +            </​td>​ 
-</​tr>​ +        </​tr>​ 
-<​tr>​ +        <​tr>​ 
-<​th>​どのように記号を組合せ、<​br>​改善したら意図した活動に近づくのか</​th>​ +            <​th>​どのように記号を組合せ、<​br>​改善したら意図した活動に近づくのか</​th>​ 
-<​td>​繰り返しの中身1回分でどのように動かすか、それを何回繰り返すのかを適切に組み合わせ、意図した活動に近づける</​td>​ +            <​td>​繰り返しの中身1回分でどのように動かすか、それを何回繰り返すのかを適切に組み合わせ、意図 
-</​tr>​ +                ​した活動に近づける</​td>​ 
-</​table>​+        </​tr>​ 
 +    </​table>​
  
-<br>+    ​<br>
  
-<table class="​small_table">​ +    ​<table class="​small_table">​ 
-<​tr>​ +        <​tr>​ 
-<​th>​学年</​th>​ +            <​th>​学年</​th>​ 
-<​td>​⼩学校5年⽣</​td>​ +            <​td>​⼩学校5年⽣</​td>​ 
-</​tr>​ +        </​tr>​ 
-<​tr>​ +        <​tr>​ 
-<​th>​教科等</​th>​ +            <​th>​教科等</​th>​ 
-<​td>​算数</​td>​ +            <​td>​算数</​td>​ 
-</​tr>​ +        </​tr>​ 
-<​tr>​ +        <​tr>​ 
-<​th>​単元例</​th>​ +            <​th>​単元例</​th>​ 
-<​td>​多角形をプログラミングしよう</​td>​ +            <​td>​多角形をプログラミングしよう</​td>​ 
-</​tr>​ +        </​tr>​ 
-<​tr>​ +        <​tr>​ 
-<​th>​教育課程区分</​th>​ +            <​th>​教育課程区分</​th>​ 
-<​td>​A.学習指導要領で例⽰された教科単元等</​td>​ +            <​td>​A.学習指導要領で例⽰された教科単元等</​td>​ 
-</​tr>​ +        </​tr>​ 
-<​tr>​ +        <​tr>​ 
-<​th>​教材タイプ</​th>​ +            <​th>​教材タイプ</​th>​ 
-<​td>​ICT/ビジュアル⾔語</​td>​ +            <​td>​ICT/ビジュアル⾔語</​td>​ 
-</​tr>​ +        </​tr>​ 
-<​tr>​ +        <​tr>​ 
-<​th>​使⽤教材</​th>​ +            <​th>​使⽤教材</​th>​ 
-<​td>​ +            <​td>​ 
-Ai.R-Cord<​br>​ +                Ai.R Cord<​br>​ 
-AR(拡張現実)により、プログラミングした内容に従って、車のキャラクターが線を描画し、 +                AR(拡張現実)により、プログラミングした内容に従って、車のキャラクターが線を描画し、 
-どのような図形が描画されるのか確認ができる。 +                どのような図形が描画されるのか確認ができる。 
-</​td>​ +            </​td>​ 
-</​tr>​ +        </​tr>​ 
-<​tr>​ +        <​tr>​ 
-<​th>​利⽤機器</​th>​ +            <​th>​利⽤機器</​th>​ 
-<​td>​Ai.R-Cord(オフライン)、パソコン・タブレット(背面にカメラが必要)</​td>​ +            <​td>​Ai.R Cord(オフライン)、パソコン・タブレット(背面にカメラが必要)</​td>​ 
-</​tr>​ +        </​tr>​ 
-</​table>​ +    </​table>​ 
-<br>+    <br>
 </​html>​ </​html>​
  
-=== 小学校4年生 ​目的地までの進み方をプログラミングしよう ​=== +=== 小学校4年生 ​ゴール位置目指すプログラミング === 
-{{:​活用情報:​算数_ゴールまでの位置.png?​600|}}+{{:​活用情報:20201106:​算数_ゴール位置.png?​600|}}
 == 学習指導要領 == == 学習指導要領 ==
 <​html>​ <​html>​
-<table class="​theme_table">​ +    ​<table class="​theme_table">​ 
-<​tr>​ +        <​tr>​ 
-<​th>​目標・内容</​th>​ +            <​th>​目標・内容</​th>​ 
-<​td>​目標地の位置の表し方を学習し、プログラミングで目的地を目指す</​td>​ +            <​td>​目標地の位置の表し方を学習し、プログラミングで目的地を目指す</​td>​ 
-</​tr>​ +        </​tr>​ 
-</​table>​+    </​table>​
 </​html>​ </​html>​
 == プログラミング的思考・プログラミング体験の関連 == == プログラミング的思考・プログラミング体験の関連 ==
 <​html>​ <​html>​
-<table class="​big_table">​ +    ​<table class="​big_table">​ 
-<​tr>​ +        <​tr>​ 
-<​th>​意図する一連の活動・動きの組み合わせ</​th>​ +            <​th>​意図する一連の活動・動きの組み合わせ</​th>​ 
-<​td>​ゴール位置に車やドローンを移動させるため、どの地点まで進み曲がるのかを組み合わせる</​td>​ +            <​td>​ゴール位置に車やドローンを移動させるため、どの地点まで進み曲がるのかを組み合わせる</​td>​ 
-</​tr>​ +        </​tr>​ 
-<​tr>​ +        <​tr>​ 
-<​th>​一つ一つの動きに対応した記号</​th>​ +            <​th>​一つ一つの動きに対応した記号</​th>​ 
-<​td>​ +            <​td>​ 
-前へ移動する「 m前へすすむ」「 m後ろへもどる」、<​br>​ +                前へ移動する「 m前へすすむ」「 m後ろへもどる」、<​br>​ 
-曲がる時の角度を指定する「 度右へ曲がる」「 度左へ曲がる」、<​br>​ +                曲がる時の角度を指定する「 度右へ曲がる」「 度左へ曲がる」、<​br>​ 
-条件によってきを変える「もし三角のスイッチをおしておいたら<​br>​ +                ​上下へ移る「 m上へ上昇する」「 m下へ下降する」<​br>​ 
-もし丸のスイッチをおしておいたら「でなければ」「もし(条件文)の終わり」、<​br>​ +            </​td>​ 
-繰り返しの指示をする「 回繰り返す」「繰り返しの終了」の記号 +        </​tr>​ 
-</​td>​ +        <​tr>​ 
-</​tr>​ +            <​th>​どのように記号を組合せ、<​br>​改善したら意図した活動に近づくのか</​th>​ 
-<​tr>​ +            <​td>​何メートル進む、または上昇するか、 
-<​th>​どのように記号を組合せ、<​br>​改善したら意図した活動に近づくのか</​th>​ +                そこから向きをどのように変えるかを適切に組み合わせ、意図した活動に近づける</​td>​ 
-<​td>​何メートル進む、または上昇するか、 +        </​tr>​ 
-そこから向きをどのように変えるかを適切に組み合わせ、意図した活動に近づける</​td>​ +    </​table>​
-</​tr>​ +
-</​table>​+
  
-<br>+    ​<br>
  
-<table class="​small_table">​ +    ​<table class="​small_table">​ 
-<​tr>​ +        <​tr>​ 
-<​th>​学年</​th>​ +            <​th>​学年</​th>​ 
-<​td>​⼩学校4年⽣</​td>​ +            <​td>​⼩学校4年⽣</​td>​ 
-</​tr>​ +        </​tr>​ 
-<​tr>​ +        <​tr>​ 
-<​th>​教科等</​th>​ +            <​th>​教科等</​th>​ 
-<​td>​算数</​td>​ +            <​td>​算数</​td>​ 
-</​tr>​ +        </​tr>​ 
-<​tr>​ +        <​tr>​ 
-<​th>​単元例</​th>​ +            <​th>​単元例</​th>​ 
-<​td>​目的地までの進み方をプログラミングしよう</​td>​ +            <​td>​目的地までの進み方をプログラミングしよう</​td>​ 
-</​tr>​ +        </​tr>​ 
-<​tr>​ +        <​tr>​ 
-<​th>​教育課程区分</​th>​ +            <​th>​教育課程区分</​th>​ 
-<​td>​A.学習指導要領で例⽰された教科単元等</​td>​ +            <​td>​A.学習指導要領で例⽰された教科単元等</​td>​ 
-</​tr>​ +        </​tr>​ 
-<​tr>​ +        <​tr>​ 
-<​th>​教材タイプ</​th>​ +            <​th>​教材タイプ</​th>​ 
-<​td>​ICT/ビジュアル⾔語</​td>​ +            <​td>​ICT/ビジュアル⾔語</​td>​ 
-</​tr>​ +        </​tr>​ 
-<​tr>​ +        <​tr>​ 
-<​th>​使⽤教材</​th>​ +            <​th>​使⽤教材</​th>​ 
-<​td>​ +            <​td>​ 
-Ai.R-Cord<​br>​ +                Ai.R Cord<​br>​ 
-AR(拡張現実)により、プログラミングした内容に従って、車・ドローンのキャラクターが移動し、 +                AR(拡張現実)により、プログラミングした内容に従って、車・ドローンのキャラクターが移動し、 
-目的地の位置についての認識があっているかを確認できる。 +                目的地の位置についての認識があっているかを確認できる。 
-</​td>​ +            </​td>​ 
-</​tr>​ +        </​tr>​ 
-<​tr>​ +        <​tr>​ 
-<​th>​利⽤機器</​th>​ +            <​th>​利⽤機器</​th>​ 
-<​td>​Ai.R-Cord(オフライン)、パソコン・タブレット(背面にカメラが必要)</​td>​ +            <​td>​Ai.R Cord(オフライン)、パソコン・タブレット(背面にカメラが必要)</​td>​ 
-</​tr>​ +        </​tr>​ 
-</​table>​ +    </​table>​ 
-<br>+    <​br>​ 
 +</​html>​ 
 + 
 +=== 小学校1年生 ゴール位置を目指すプログラミング === 
 +{{:​活用情報:​20201106:​算数_直列1.png?​600|}} 
 +== 学習指導要領 == 
 +<​html>​ 
 +    <table class="​theme_table">​ 
 +        <​tr>​ 
 +            <​th>​目標・内容</​th>​ 
 +            <​td>​目標地の位置の表し方を学習し、プログラミングで目的地を目指す</​td>​ 
 +        </​tr>​ 
 +    </​table>​ 
 +</​html>​ 
 +== プログラミング的思考・プログラミング体験の関連 == 
 +<​html>​ 
 +    <table class="​big_table">​ 
 +        <​tr>​ 
 +            <​th>​意図する一連の活動・動きの組み合わせ</​th>​ 
 +            <​td>​ゴール位置に車やドローンを移動させるため、どの地点まで進み曲がるのかを組み合わせる</​td>​ 
 +        </​tr>​ 
 +        <​tr>​ 
 +            <​th>​一つ一つの動きに対応した記号</​th>​ 
 +            <​td>​ 
 +                前へ移動する「 マスすすむ」「 マスもどる」、<​br>​ 
 +                車の進む方向を変える「みぎをむく」「ひだりをむく」、<​br>​ 
 +                ゴール前にあるバーを上げる「スイッチをおす」<​br>​ 
 +            </​td>​ 
 +        </​tr>​ 
 +        <​tr>​ 
 +            <​th>​どのように記号を組合せ、<​br>​改善したら意図した活動に近づくのか</​th>​ 
 +            <​td>​何マス進むか、そこから向きをどのように変えるかを適切に組み合わせ<​br>​ 
 +                意図した活動に近づける</​td>​ 
 +        </​tr>​ 
 +    </​table>​ 
 + 
 +    <​br>​ 
 + 
 +    <table class="​small_table">​ 
 +        <​tr>​ 
 +            <​th>​学年</​th>​ 
 +            <​td>​⼩学校1年⽣</​td>​ 
 +        </​tr>​ 
 +        <​tr>​ 
 +            <​th>​教科等</​th>​ 
 +            <​td>​算数</​td>​ 
 +        </​tr>​ 
 +        <​tr>​ 
 +            <​th>​単元例</​th>​ 
 +            <​td>​車にしじしてゴールを目指そう!(直列処理)</​td>​ 
 +        </​tr>​ 
 +        <​tr>​ 
 +            <​th>​教育課程区分</​th>​ 
 +            <​td>​A.学習指導要領で例⽰された教科単元等</​td>​ 
 +        </​tr>​ 
 +        <​tr>​ 
 +            <​th>​教材タイプ</​th>​ 
 +            <​td>​ICT/ビジュアル⾔語</​td>​ 
 +        </​tr>​ 
 +        <​tr>​ 
 +            <​th>​使⽤教材</​th>​ 
 +            <​td>​ 
 +                Ai.R Cord<​br>​ 
 +                AR(拡張現実)により、プログラミングした内容に従って、車・ドローンのキャラクターが移動し、 
 +                目的地の位置についての認識があっているかを確認できる。 
 +            </​td>​ 
 +        </​tr>​ 
 +        <​tr>​ 
 +            <​th>​利⽤機器</​th>​ 
 +            <​td>​Ai.R Cord(オフライン)、パソコン・タブレット(背面にカメラが必要)</​td>​ 
 +        </​tr>​ 
 +    </​table>​ 
 +    <​br>​ 
 +</​html>​ 
 + 
 +=== 小学校2年生 ゴール位置を目指すプログラミング === 
 +{{:​活用情報:​20201106:​算数_条件分岐1.png?​600|}} 
 +== 学習指導要領 == 
 +<​html>​ 
 +    <table class="​theme_table">​ 
 +        <​tr>​ 
 +            <​th>​目標・内容</​th>​ 
 +            <​td>​目標地の位置の表し方を学習し、プログラミングで目的地を目指す</​td>​ 
 +        </​tr>​ 
 +    </​table>​ 
 +</​html>​ 
 +== プログラミング的思考・プログラミング体験の関連 == 
 +<​html>​ 
 +    <table class="​big_table">​ 
 +        <​tr>​ 
 +            <​th>​意図する一連の活動・動きの組み合わせ</​th>​ 
 +            <​td>​ゴール位置に車やドローンを移動させるため、どの地点まで進み曲がるのかを組み合わせる</​td>​ 
 +        </​tr>​ 
 +        <​tr>​ 
 +            <​th>​一つ一つの動きに対応した記号</​th>​ 
 +            <​td>​ 
 +                記号の中の数字の数だけ前後に移動する「 マスすすむ」「 マスもどる」、<​br>​ 
 +                車の進む方向を変える「みぎをむく」「ひだりをむく」、<​br>​ 
 +                ゴール前にあるバーを上げる「スイッチをおす」<​br>​ 
 +                ふみきりが開いている場合の車の移動を、「ふみきりがしまっていたら」または、<​br>​ 
 +                「もし~ならば おわり」が出るまで指定する「ふみきりがあいていたら」、<​br>​ 
 +                ふみきりが閉まっている場合の車の移動を、「ふみきりがあいていたら」または、<​br>​ 
 +                「もし~ならば おわり」が出るまで指定する「ふみきりがしまっていたら」、<​br>​ 
 +                条件分岐の終わりを指定する「もし~ならば おわり」 
 +            </​td>​ 
 +        </​tr>​ 
 +        <​tr>​ 
 +            <​th>​どのように記号を組合せ、<​br>​改善したら意図した活動に近づくのか</​th>​ 
 +            <​td>​何マス進むか、そこから向きをどのように変えるかを適切に組み合わせ<​br>​ 
 +                意図した活動に近づける</​td>​ 
 +        </​tr>​ 
 +    </​table>​ 
 + 
 +    <​br>​ 
 + 
 +    <table class="​small_table">​ 
 +        <​tr>​ 
 +            <​th>​学年</​th>​ 
 +            <​td>​⼩学校2年⽣</​td>​ 
 +        </​tr>​ 
 +        <​tr>​ 
 +            <​th>​教科等</​th>​ 
 +            <​td>​算数</​td>​ 
 +        </​tr>​ 
 +        <​tr>​ 
 +            <​th>​単元例</​th>​ 
 +            <​td>​車にしじしてゴールを目指そう!(条件分岐処理)</​td>​ 
 +        </​tr>​ 
 +        <​tr>​ 
 +            <​th>​教育課程区分</​th>​ 
 +            <​td>​A.学習指導要領で例⽰された教科単元等</​td>​ 
 +        </​tr>​ 
 +        <​tr>​ 
 +            <​th>​教材タイプ</​th>​ 
 +            <​td>​ICT/ビジュアル⾔語</​td>​ 
 +        </​tr>​ 
 +        <​tr>​ 
 +            <​th>​使⽤教材</​th>​ 
 +            <​td>​ 
 +                Ai.R Cord<​br>​ 
 +                AR(拡張現実)により、プログラミングした内容に従って、車・ドローンのキャラクターが移動し、 
 +                目的地の位置についての認識があっているかを確認できる。 
 +            </​td>​ 
 +        </​tr>​ 
 +        <​tr>​ 
 +            <​th>​利⽤機器</​th>​ 
 +            <​td>​Ai.R Cord(オフライン)、パソコン・タブレット(背面にカメラが必要)</​td>​ 
 +        </​tr>​ 
 +    </​table>​ 
 +    <​br>​ 
 +</​html>​ 
 + 
 +=== 小学校3年生 ゴール位置を目指すプログラミング === 
 +{{:​活用情報:​20201106:​算数_繰り返し1.png?​600|}} 
 +== 学習指導要領 == 
 +<​html>​ 
 +    <table class="​theme_table">​ 
 +        <​tr>​ 
 +            <​th>​目標・内容</​th>​ 
 +            <​td>​目標地の位置の表し方を学習し、プログラミングで目的地を目指す</​td>​ 
 +        </​tr>​ 
 +    </​table>​ 
 +</​html>​ 
 +== プログラミング的思考・プログラミング体験の関連 == 
 +<​html>​ 
 +    <table class="​big_table">​ 
 +        <​tr>​ 
 +            <​th>​意図する一連の活動・動きの組み合わせ</​th>​ 
 +            <​td>​ゴール位置に車やドローンを移動させるため、どの地点まで進み曲がるのかを組み合わせる</​td>​ 
 +        </​tr>​ 
 +        <​tr>​ 
 +            <​th>​一つ一つの動きに対応した記号</​th>​ 
 +            <​td>​ 
 +                記号の中の数字の数だけ前後に移動する「 マスすすむ」「 マスもどる」、<​br>​ 
 +                車の進む方向を変える「みぎをむく」「ひだりをむく」、<​br>​ 
 +                ゴール前にあるバーを上げる「スイッチをおす」、「くりかえしおわり」が指定されるまで、<​br>​ 
 +                数字の数だけ間にある指示を実行する「 かいくりかえしはじめ」、<​br>​ 
 +                繰り返しの終わりをしているする「くりかえし おわり」 
 +            </​td>​ 
 +        </​tr>​ 
 +        <​tr>​ 
 +            <​th>​どのように記号を組合せ、<​br>​改善したら意図した活動に近づくのか</​th>​ 
 +            <​td>​何マス進むか、そこから向きをどのように変えるかを適切に組み合わせ<​br>​ 
 +                意図した活動に近づける</​td>​ 
 +        </​tr>​ 
 +    </​table>​ 
 + 
 +    <​br>​ 
 + 
 +    <table class="​small_table">​ 
 +        <​tr>​ 
 +            <​th>​学年</​th>​ 
 +            <​td>​⼩学校3年⽣</​td>​ 
 +        </​tr>​ 
 +        <​tr>​ 
 +            <​th>​教科等</​th>​ 
 +            <​td>​算数</​td>​ 
 +        </​tr>​ 
 +        <​tr>​ 
 +            <​th>​単元例</​th>​ 
 +            <​td>​車にしじしてゴールを目指そう!(繰り返し処理)</​td>​ 
 +        </​tr>​ 
 +        <​tr>​ 
 +            <​th>​教育課程区分</​th>​ 
 +            <​td>​A.学習指導要領で例⽰された教科単元等</​td>​ 
 +        </​tr>​ 
 +        <​tr>​ 
 +            <​th>​教材タイプ</​th>​ 
 +            <​td>​ICT/ビジュアル⾔語</​td>​ 
 +        </​tr>​ 
 +        <​tr>​ 
 +            <​th>​使⽤教材</​th>​ 
 +            <​td>​ 
 +                Ai.R Cord<​br>​ 
 +                AR(拡張現実)により、プログラミングした内容に従って、車・ドローンのキャラクターが移動し、 
 +                目的地の位置についての認識があっているかを確認できる。 
 +            </​td>​ 
 +        </​tr>​ 
 +        <​tr>​ 
 +            <​th>​利⽤機器</​th>​ 
 +            <​td>​Ai.R Cord(オフライン)、パソコン・タブレット(背面にカメラが必要)</​td>​ 
 +        </​tr>​ 
 +    </​table>​ 
 +    <​br>​ 
 +</​html>​ 
 + 
 +=== 小学校4年生 ゴール位置を目指すプログラミング === 
 +{{:​活用情報:​20201106:​算数_直列2.png?​600|}} 
 +== 学習指導要領 == 
 +<​html>​ 
 +    <table class="​theme_table">​ 
 +        <​tr>​ 
 +            <​th>​目標・内容</​th>​ 
 +            <​td>​目標地の位置の表し方を学習し、プログラミングで目的地を目指す</​td>​ 
 +        </​tr>​ 
 +    </​table>​ 
 +</​html>​ 
 +== プログラミング的思考・プログラミング体験の関連 == 
 +<​html>​ 
 +    <table class="​big_table">​ 
 +        <​tr>​ 
 +            <​th>​意図する一連の活動・動きの組み合わせ</​th>​ 
 +            <​td>​ゴール位置に車やドローンを移動させるため、どの地点まで進み曲がるのかを組み合わせる</​td>​ 
 +        </​tr>​ 
 +        <​tr>​ 
 +            <​th>​一つ一つの動きに対応した記号</​th>​ 
 +            <​td>​ 
 +                前へ移動する「 マスすすむ」「 マスもどる」、<​br>​ 
 +                車の進む方向を変える「みぎをむく」「ひだりをむく」、<​br>​ 
 +                上下へ移動する「あげる」「さげる」<​br>​ 
 +            </​td>​ 
 +        </​tr>​ 
 +        <​tr>​ 
 +            <​th>​どのように記号を組合せ、<​br>​改善したら意図した活動に近づくのか</​th>​ 
 +            <​td>​何マス進むかまたは上昇するか、そこから向きをどのように変えるかを適切に組み合わせ<​br>​ 
 +                意図した活動に近づける</​td>​ 
 +        </​tr>​ 
 +    </​table>​ 
 + 
 +    <​br>​ 
 + 
 +    <table class="​small_table">​ 
 +        <​tr>​ 
 +            <​th>​学年</​th>​ 
 +            <​td>​⼩学校4年⽣</​td>​ 
 +        </​tr>​ 
 +        <​tr>​ 
 +            <​th>​教科等</​th>​ 
 +            <​td>​算数</​td>​ 
 +        </​tr>​ 
 +        <​tr>​ 
 +            <​th>​単元例</​th>​ 
 +            <​td>​ドローンにしじしてゴールを目指そう!(直列処理)</​td>​ 
 +        </​tr>​ 
 +        <​tr>​ 
 +            <​th>​教育課程区分</​th>​ 
 +            <​td>​A.学習指導要領で例⽰された教科単元等</​td>​ 
 +        </​tr>​ 
 +        <​tr>​ 
 +            <​th>​教材タイプ</​th>​ 
 +            <​td>​ICT/ビジュアル⾔語</​td>​ 
 +        </​tr>​ 
 +        <​tr>​ 
 +            <​th>​使⽤教材</​th>​ 
 +            <​td>​ 
 +                Ai.R Cord<​br>​ 
 +                AR(拡張現実)により、プログラミングした内容に従って、車・ドローンのキャラクターが移動し、 
 +                目的地の位置についての認識があっているかを確認できる。 
 +            </​td>​ 
 +        </​tr>​ 
 +        <​tr>​ 
 +            <​th>​利⽤機器</​th>​ 
 +            <​td>​Ai.R Cord(オフライン)、パソコン・タブレット(背面にカメラが必要)</​td>​ 
 +        </​tr>​ 
 +    </​table>​ 
 +    <​br>​ 
 +</​html>​ 
 + 
 +=== 小学校5年生 ゴール位置を目指すプログラミング === 
 +{{:​活用情報:​20201106:​算数_条件分岐2.png?​600|}} 
 +== 学習指導要領 == 
 +<​html>​ 
 +    <table class="​theme_table">​ 
 +        <​tr>​ 
 +            <​th>​目標・内容</​th>​ 
 +            <​td>​目標地の位置の表し方を学習し、プログラミングで目的地を目指す</​td>​ 
 +        </​tr>​ 
 +    </​table>​ 
 +</​html>​ 
 +== プログラミング的思考・プログラミング体験の関連 == 
 +<​html>​ 
 +    <table class="​big_table">​ 
 +        <​tr>​ 
 +            <​th>​意図する一連の活動・動きの組み合わせ</​th>​ 
 +            <​td>​ゴール位置に車やドローンを移動させるため、どの地点まで進み曲がるのかを組み合わせる</​td>​ 
 +        </​tr>​ 
 +        <​tr>​ 
 +            <​th>​一つ一つの動きに対応した記号</​th>​ 
 +            <​td>​ 
 +                前へ移動する「 マスすすむ」「 マスもどる」、<​br>​ 
 +                車の進む方向を変える「みぎをむく」「ひだりをむく」、<​br>​ 
 +                上下へ移動する「あげる」「さげる」<​br>​ 
 +                ふみきりが開いている場合の車の移動を、「ふみきりがしまっていたら」または、<​br>​ 
 +                「もし~ならば おわり」が出るまで指定する「ふみきりがあいていたら」、<​br>​ 
 +                ふみきりが閉まっている場合の車の移動を、「ふみきりがあいていたら」または、<​br>​ 
 +                「もし~ならば おわり」が出るまで指定する「ふみきりがしまっていたら」、<​br>​ 
 +                条件分岐の終わりを指定する「もし~ならば おわり」 
 +            </​td>​ 
 +        </​tr>​ 
 +        <​tr>​ 
 +            <​th>​どのように記号を組合せ、<​br>​改善したら意図した活動に近づくのか</​th>​ 
 +            <​td>​何マス進むかまたは上昇するか、そこから向きをどのように変えるかを適切に組み合わせ<​br>​ 
 +                意図した活動に近づける</​td>​ 
 +        </​tr>​ 
 +    </​table>​ 
 + 
 +    <​br>​ 
 + 
 +    <table class="​small_table">​ 
 +        <​tr>​ 
 +            <​th>​学年</​th>​ 
 +            <​td>​⼩学校5年⽣</​td>​ 
 +        </​tr>​ 
 +        <​tr>​ 
 +            <​th>​教科等</​th>​ 
 +            <​td>​算数</​td>​ 
 +        </​tr>​ 
 +        <​tr>​ 
 +            <​th>​単元例</​th>​ 
 +            <​td>​ドローンにしじしてゴールを目指そう!(条件分岐処理)</​td>​ 
 +        </​tr>​ 
 +        <​tr>​ 
 +            <​th>​教育課程区分</​th>​ 
 +            <​td>​A.学習指導要領で例⽰された教科単元等</​td>​ 
 +        </​tr>​ 
 +        <​tr>​ 
 +            <​th>​教材タイプ</​th>​ 
 +            <​td>​ICT/ビジュアル⾔語</​td>​ 
 +        </​tr>​ 
 +        <​tr>​ 
 +            <​th>​使⽤教材</​th>​ 
 +            <​td>​ 
 +                Ai.R Cord<​br>​ 
 +                AR(拡張現実)により、プログラミングした内容に従って、車・ドローンのキャラクターが移動し、 
 +                目的地の位置についての認識があっているかを確認できる。 
 +            </​td>​ 
 +        </​tr>​ 
 +        <​tr>​ 
 +            <​th>​利⽤機器</​th>​ 
 +            <​td>​Ai.R Cord(オフライン)、パソコン・タブレット(背面にカメラが必要)</​td>​ 
 +        </​tr>​ 
 +    </​table>​ 
 +    <​br>​ 
 +</​html>​ 
 + 
 +=== 小学校6年生 ゴール位置を目指すプログラミング === 
 +{{:​活用情報:​20201106:​算数_繰り返し2.png?​600|}} 
 +== 学習指導要領 == 
 +<​html>​ 
 +    <table class="​theme_table">​ 
 +        <​tr>​ 
 +            <​th>​目標・内容</​th>​ 
 +            <​td>​目標地の位置の表し方を学習し、プログラミングで目的地を目指す</​td>​ 
 +        </​tr>​ 
 +    </​table>​ 
 +</​html>​ 
 +== プログラミング的思考・プログラミング体験の関連 == 
 +<​html>​ 
 +    <table class="​big_table">​ 
 +        <​tr>​ 
 +            <​th>​意図する一連の活動・動きの組み合わせ</​th>​ 
 +            <​td>​ゴール位置に車やドローンを移動させるため、どの地点まで進み曲がるのかを組み合わせる</​td>​ 
 +        </​tr>​ 
 +        <​tr>​ 
 +            <​th>​一つ一つの動きに対応した記号</​th>​ 
 +            <​td>​ 
 +                記号の中の数字の数だけ前後に移動する「 マスすすむ」「 マスもどる」、<​br>​ 
 +                車の進む方向を変える「みぎをむく」「ひだりをむく」、<​br>​ 
 +                上下へ移動する「あげる」「さげる」、「くりかえしおわり」が指定されるまで、<​br>​ 
 +                数字の数だけ間にある指示を実行する「 かいくりかえしはじめ」、<​br>​ 
 +                繰り返しの終わりをしているする「くりかえし おわり」 
 +            </​td>​ 
 +        </​tr>​ 
 +        <​tr>​ 
 +            <​th>​どのように記号を組合せ、<​br>​改善したら意図した活動に近づくのか</​th>​ 
 +            <​td>​何マス進むかまたは上昇するか、そこから向きをどのように変えるかを適切に組み合わせ<​br>​ 
 +                意図した活動に近づける</​td>​ 
 +        </​tr>​ 
 +    </​table>​ 
 + 
 +    <​br>​ 
 + 
 +    <table class="​small_table">​ 
 +        <​tr>​ 
 +            <​th>​学年</​th>​ 
 +            <​td>​⼩学校6年⽣</​td>​ 
 +        </​tr>​ 
 +        <​tr>​ 
 +            <​th>​教科等</​th>​ 
 +            <​td>​算数</​td>​ 
 +        </​tr>​ 
 +        <​tr>​ 
 +            <​th>​単元例</​th>​ 
 +            <​td>​ドローンにしじしてゴールを目指そう!(繰り返し処理)</​td>​ 
 +        </​tr>​ 
 +        <​tr>​ 
 +            <​th>​教育課程区分</​th>​ 
 +            <​td>​A.学習指導要領で例⽰された教科単元等</​td>​ 
 +        </​tr>​ 
 +        <​tr>​ 
 +            <​th>​教材タイプ</​th>​ 
 +            <​td>​ICT/ビジュアル⾔語</​td>​ 
 +        </​tr>​ 
 +        <​tr>​ 
 +            <​th>​使⽤教材</​th>​ 
 +            <​td>​ 
 +                Ai.R Cord<​br>​ 
 +                AR(拡張現実)により、プログラミングした内容に従って、車・ドローンのキャラクターが移動し、 
 +                目的地の位置についての認識があっているかを確認できる。 
 +            </​td>​ 
 +        </​tr>​ 
 +        <​tr>​ 
 +            <​th>​利⽤機器</​th>​ 
 +            <​td>​Ai.R Cord(オフライン)、パソコン・タブレット(背面にカメラが必要)</​td>​ 
 +        </​tr>​ 
 +    </​table>​ 
 +    ​<br>
 </​html>​ </​html>​
  
 === 小学校6年生 プログラミングでレーシングカーを同時にゴールさせよう === === 小学校6年生 プログラミングでレーシングカーを同時にゴールさせよう ===
-{{:​活用情報:​算数_時間と距離.png?​600|}}+{{:​活用情報:20201106:​算数_時間と距離.png?​600|}}
 == 学習指導要領 == == 学習指導要領 ==
 <​html>​ <​html>​
ライン 236: ライン 682:
 <​th>​使⽤教材</​th>​ <​th>​使⽤教材</​th>​
 <td> <td>
-Ai.R-Cord<​br>​+Ai.R Cord<​br>​
 AR(拡張現実)により、プログラミングした内容に従って、レーシングカーが走り AR(拡張現実)により、プログラミングした内容に従って、レーシングカーが走り
 ゴールまでの時間が表示されることで視覚的に速さの差を確認できる。 ゴールまでの時間が表示されることで視覚的に速さの差を確認できる。
ライン 243: ライン 689:
 <tr> <tr>
 <​th>​利⽤機器</​th>​ <​th>​利⽤機器</​th>​
-<​td>​Ai.R-Cord(オフライン)、パソコン・タブレット(背面にカメラが必要)</​td>​+<​td>​Ai.R Cord(オフライン)、パソコン・タブレット(背面にカメラが必要)</​td>​
 </tr> </tr>
 </​table>​ </​table>​
 <br> <br>
 +</​html>​
 +
 +=== 小学校6年生 回る順序を組み合わせるプログラミング===
 +{{:​活用情報:​20201106:​算数_組み合わせ.png?​600|}}
 +== 学習指導要領 ==
 +<​html>​
 +    <table class="​theme_table">​
 +        <tr>
 +            <​th>​目標・内容</​th>​
 +            <​td>​起こり得るすべての場合の数を調べる方法について学習し、プログラミングで実践する</​td>​
 +        </tr>
 +    </​table>​
 +</​html>​
 +== プログラミング的思考・プログラミング体験の関連 ==
 +<​html>​
 +    <table class="​big_table">​
 +        <tr>
 +            <​th>​意図する一連の活動・動きの組み合わせ</​th>​
 +            <​td>​もっとも速く回る順序を見つけるため、目的地を組み合わせる。</​td>​
 +        </tr>
 +        <tr>
 +            <​th>​一つ一つの動きに対応した記号</​th>​
 +            <td>
 +                目的地をしていする「ピザショップ」「スタジアム」「工場」「コーヒーショップ」「スーパーマーケット」
 +                プログラムを実行する「プログラム実行」<​br>​
 +            </td>
 +        </tr>
 +        <tr>
 +            <​th>​どのように記号を組合せ、<​br>​改善したら意図した活動に近づくのか</​th>​
 +            <​td>​起こり得るすべての場合の数を調べ、目的地を組み合わせることにより、意図した活動に近づける</​td>​
 +        </tr>
 +    </​table>​
 +
 +    <br>
 +
 +    <table class="​small_table">​
 +        <tr>
 +            <​th>​学年</​th>​
 +            <​td>​⼩学校6年⽣</​td>​
 +        </tr>
 +        <tr>
 +            <​th>​教科等</​th>​
 +            <​td>​算数</​td>​
 +        </tr>
 +        <tr>
 +            <​th>​単元例</​th>​
 +            <​td>​組み合わせ-AI(エージェント)に回る順序を指示しよう</​td>​
 +        </tr>
 +        <tr>
 +            <​th>​教育課程区分</​th>​
 +            <​td>​A.学習指導要領で例⽰された教科単元等</​td>​
 +        </tr>
 +        <tr>
 +            <​th>​教材タイプ</​th>​
 +            <​td>​ICT/ビジュアル⾔語</​td>​
 +        </tr>
 +        <tr>
 +            <​th>​使⽤教材</​th>​
 +            <td>
 +                Ai.R Cord<​br>​
 +                AI(エージェント)により、プログラミングした内容に従って、ロボットが目的地までの道のりを<​br>​
 +                障害物を感知して、知的に経路を判断し、移動する。ゴールまでの時間が表示されることで<​br>​
 +                視覚的に速さの差を確認出来る。
 +            </td>
 +        </tr>
 +        <tr>
 +            <​th>​利⽤機器</​th>​
 +            <​td>​Ai.R Cord(オフライン)、パソコン・タブレット</​td>​
 +        </tr>
 +    </​table>​
 +    <br>
 </​html>​ </​html>​
  • 活用情報/算数.1571211131.txt.gz
  • 最終更新: 2019/10/16 16:32
  • by air_cord_support_admin