[[活用情報:算数]]

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
活用情報:算数 [2020/05/26 13:24]
air_cord_support_admin [教科一覧]
活用情報:算数 [2020/06/10 10:38]
air_cord_support_admin [算数]
ライン 90: ライン 90:
 <​th>​使⽤教材</​th>​ <​th>​使⽤教材</​th>​
 <td> <td>
-Ai.R-Cord<​br>​+Ai.R Cord<​br>​
 AR(拡張現実)により、プログラミングした内容に従って、車のキャラクターが線を描画し、 AR(拡張現実)により、プログラミングした内容に従って、車のキャラクターが線を描画し、
 どのような図形が描画されるのか確認ができる。 どのような図形が描画されるのか確認ができる。
ライン 97: ライン 97:
 <tr> <tr>
 <​th>​利⽤機器</​th>​ <​th>​利⽤機器</​th>​
-<​td>​Ai.R-Cord(オフライン)、パソコン・タブレット(背面にカメラが必要)</​td>​+<​td>​Ai.R Cord(オフライン)、パソコン・タブレット(背面にカメラが必要)</​td>​
 </tr> </tr>
 </​table>​ </​table>​
ライン 164: ライン 164:
 <​th>​使⽤教材</​th>​ <​th>​使⽤教材</​th>​
 <td> <td>
-Ai.R-Cord<​br>​+Ai.R Cord<​br>​
 AR(拡張現実)により、プログラミングした内容に従って、車・ドローンのキャラクターが移動し、 AR(拡張現実)により、プログラミングした内容に従って、車・ドローンのキャラクターが移動し、
 目的地の位置についての認識があっているかを確認できる。 目的地の位置についての認識があっているかを確認できる。
ライン 171: ライン 171:
 <tr> <tr>
 <​th>​利⽤機器</​th>​ <​th>​利⽤機器</​th>​
-<​td>​Ai.R-Cord(オフライン)、パソコン・タブレット(背面にカメラが必要)</​td>​+<​td>​Ai.R Cord(オフライン)、パソコン・タブレット(背面にカメラが必要)</​td>​
 </tr> </tr>
 </​table>​ </​table>​
ライン 236: ライン 236:
 <​th>​使⽤教材</​th>​ <​th>​使⽤教材</​th>​
 <td> <td>
-Ai.R-Cord<​br>​+Ai.R Cord<​br>​
 AR(拡張現実)により、プログラミングした内容に従って、レーシングカーが走り AR(拡張現実)により、プログラミングした内容に従って、レーシングカーが走り
 ゴールまでの時間が表示されることで視覚的に速さの差を確認できる。 ゴールまでの時間が表示されることで視覚的に速さの差を確認できる。
ライン 243: ライン 243:
 <tr> <tr>
 <​th>​利⽤機器</​th>​ <​th>​利⽤機器</​th>​
-<​td>​Ai.R-Cord(オフライン)、パソコン・タブレット(背面にカメラが必要)</​td>​+<​td>​Ai.R Cord(オフライン)、パソコン・タブレット(背面にカメラが必要)</​td>​
 </tr> </tr>
 </​table>​ </​table>​
 <br> <br>
 </​html>​ </​html>​
  • 活用情報/算数.txt
  • 最終更新: 2020/06/10 10:38
  • by air_cord_support_admin